Japan

In Japan? You can go to Argus Japan

X

Argus Media Groupの強み

アーガスでは、世界主要約30都市に専門アナリストを配置し、各種資源市場の動向を日常的に観測しています。それらのアナリストによって収集された情報は精査された後、価格指標、市況解説、需給ならびにその変動要因の分析、予測などの形に整理されます。そうして整理された各種の情報と知見は、定期情報サービス、コンファレンスやセミナーなどのイベント型サービス、および個別の情報ニーズに対応するコンサルティング・サービスを通じて提供されています。定期情報サービスならびにイベント型サービスは、その提供自体が新たな情報と希少かつ深遠な知見を追加する機会となり、コンサルティング・サービスの提供能力ならびに品質の向上に寄与しています。

 

世界各地に調査員を配置

アーガスではより国際化が深まる各種資源市場の動向を確実に把握するため、世界各地に散らばる約30余りの主要都市に専門アナリストを配置しています。それらのアナリストは、各地域を統括するヘッドクォーターの管理のもと、各地域の顧客の情報ニーズに応じた調査・分析業務を実践しています。

Argusのグローバルネットワーク

        

40年の実績に基づく知見

アーガスは1970年の創立以来、独立第三者機関として世界各地のエネルギー市場を調査し、透明性の高い市場情報を提供しています。また、石油化学分野においては1973年創立のDeWitt社を、化学肥料分野においては1980年創立のFMB社を、さらに各種金属分野においては2000年創立のMetal-Pages社を完全子会社として擁し、各社がこれまでに構築してきた知見と情報収集能力を最大限に活用したコンサルティング・サービスを提供しております。それぞれの分野において顧客企業の意思決定を様々にサポートするほか、それら4分野の関連性を考察することによって質の高い調査・分析を可能としています。

 

 

第三者機関としての独立性

アーガスは提供する情報サービスの公正性を確実なものとするため、調査対象となり得るエネルギー関連企業の株式やエネルギー商品の取引を禁じるなどの倫理規定を全社員に課しています。また、アーガスの株式のすべては、創業者およびその家族、社員、退職者が保有しており、当社が調査対象とする市場において営業活動する企業、およびその関係者が当社の株式を保有することのない体制を堅持しています。

Argus Media Groupのガバナンスとコンプライアンス

                     

             

ご相談ください

アーガスでは、顧客との対話を通じて満足度の高いコンサルティング・サービスの提供に務めています。ご要望を伺いました上で、弊社が提供し得るサービス形態を提案させていただきます。調査や分析の外部委託をお考えの際は、まずはお気軽に下記担当者までご相談ください。        

       

アーガス・メディア・リミテッド日本支局

03-3561-1806

メールでのお問い合わせ

お名前とご連絡先をご明記ください。匿名でのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。YahooメールやGメールなどのウェブメールからのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。

【担当】岡本真弥