Japan

In Japan? You can go to Argus Japan

X

CHINA METALS WEEK

 

 

2014年9月15~17日 北京          

~特殊金属ならびに希少金属産業の祭典~          

コンファレンス概要      

携帯電子機器の普及や自動車の電化にともない、レアメタルの重要性が過去にまして高まっています。その一方で、それら希少資源の需要と供給は依然として中国に偏在しており、その動静が日本を含む世界各国の製造業ならびにそれらの資源供給産業の業績を大きく左右する状況がつづいています。

Argus Metal-Pagesでは、レアメタルの国際取引における中国と世界の現況ならびに今後の見通しを考察するべく、中国の北京において「China Metals Week」と題した国際コンファレンスを開催いたします。本イベントでは、電子金属、電池金属、軽金属ならびにアンチモン市場それぞれについて、技術応用や技術革新が今後の需給と価格にどのように影響していくのかを考察いたします。初日は全ての参加者とともに世界の金属市場に影響する要素について議論します。二日目は以下の4つの金属グループに分かれ、それぞれ考察いたします。

     

電子金属(セレン、ガリウム、ゲルマニウム、インジウム、ビスマス)

  • 代替金属の応用
  • 新金属の開発
  • 中国政策の影響

電池金属(カドミウム、リチウム、コバルト、バナジウム、ニッケル)

  • レドックス・フロー電池の環境性能
  • 携帯電子機器の成長と電池金属市場

軽金属(マグネシウム、チタン、アルミニウム)

  • 軽合金への新たな需要
  • 自動車や航空宇宙産業への影響
  • 軽金属の生産政策の変化

アンチモン

  • アンチモン活用技術の開発
  • 国際市場における中国の役割

本コンファレンスの公式サイトを見る  

report iconパンフレットを見る

     

参加費用

お一人様 2,199米ドル

                 

参加およびスポンサー参加のお申込み

以下のリンクからお申込みください。

参加申込フォーム    

    

※エキシビションあるいはスポンサーシップにご興味をいただけます場合は、申込フォームの「スポンサー参加に関心がある」をチェックしてください。担当者から連絡させていただきます。             

ご不明な点などございましたら、下記担当までお気軽にお問合せください。 

 

MetalpagesIncorporating

Metal-Pages社の完全子会社化について

アーガスは2014年5月に、レアメタル、レアアースおよびフェロアロイ等、特殊金属の価格ならびに市場分析を専門とするMetal-Pages社を完全子会社化いたしました。この買収により、既に弊社が提供しております鉄鋼原料市場における情報サービスに加え、金属全般市場に関する情報を幅広く提供してまいります。   

 

Metal-Pages社について

Metal-Pages社は2000年に設立され、世界各地における各種金属資源市場に関する情報を提供しております。現在までに230種類の各種金属価格指標を提供しており、これらの多くはスポット契約ならびに長期契約における参考指標や決済指標として用いられるほか、鉱山開発や製錬所新設の採算性調査における評価基準として利用されています。また、金属資源指標に参画する多くの企業の取引戦略、投資計画策定の一助となるべく、需給動向や取引動向の分析も提供しております。Metal-Pages社ではさらに、中国、欧州、北米などでコンファレンスを主催し、国際金属資源市場の最適形成に貢献しております。   

 

詳細につきましては、Metal-Pagesのホームページをご参照ください。
Metal-Pages   

 

アーガス・メディア・リミテッド日本支局

03-3561-1806

メールでのお問い合わせ

お名前とご連絡先をご明記ください。匿名でのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。YahooメールやGメールなどのウェブメールからのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。     

【担当】久保待香

9月10~12日に中国 成都にてレアアースに関するコンファレンスを開催いたします。

詳細

MetalpagesIncorporating

Metal-Pages.comではレアアース、レアメタル、フェロアロイ、ベースメタル、ならびに貴金属に関する情報を提供しています。

詳細

Argus Metal-Pagesでは、世界各地でコンファレンスを開催しております。

詳細

アーガスは、世界の主要約30都市にアナリストを配置して資源市場の調査を行っております。

詳細