Japan

In Japan? You can go to Argus Japan

X

Argus Biomass Forum

          

      

                                          

資料公開中

日本政府はこのほど、2013年比で26%減とする2030年までの温室効果ガス削減目標を発表しました。その実現手段として、水力を除く再生可能エネルギー電源比率を13~15%程度にまで引き上げることが挙げられています。そのうち、バイオマス電源が占める割合は約3割にとどまります。しかし、再生可能エネルギーのなかで唯一ベース電源として機能するのはバイオマス電源のみであることから、原発の再稼働状況によっては想定以上の比率に至ることも想像されます。

現在想定される2030年時点のバイオマス電源構成は、国産バイオマスだけでは実現しない規模であり、日本のバイオマス輸入需要は年間数百万トン規模に上るとの試算も聞かれます。国内の需要家が競争力の高い価格で輸入バイオマスを調達するには、国際バイオマス市場の構造を十分に理解することが不可欠となります。アーガス日本支局では今回、改めて国際バイオマス市場の構造を整理し、望むべき調達方法を考察するセミナーを開催いたしました。 ご都合がつかずにご参加いただけなかった方のために、当日利用いたしました資料の一部を無料公開しております。ご興味をいただけます場合は、以下のリンクよりダウンロードください。

 

セミナー資料をダウンロードする

*Google ChromeまたはFireFoxでダウンロードくださいませ

                      

                           

|開催日時|

 20157月28日(火) 14001600 (13:45 開場)

|場所| 

TKPガーデンシティ竹橋 カンファレンスルーム10A
東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル 10F
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 地図

|定員|

 50

|講師|

三田真己 日本代表 

|参加費|

無料

|お申込み方法|

セミナーは終了いたしました。沢山のお申込みおよびご参加、誠に有難うございました。

 

 

アーガス・メディア・リミテッド日本支局

03-3561-1806

メールでのお問い合わせ

お名前とご連絡先をご明記ください。匿名でのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。YahooメールやGメールなどのウェブメールからのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。

【担当】岡本真弥

Gas Energy News

 

価格と需給の分析、ニュースとその解説。市場の今を知り、先を読む。

詳細

世界各地の専門アナリストを活用したコンサルティング・サービスを提供しています。
調査や分析の外部委託をお考えの際は、お気軽にご相談ください。

詳細

各種市場に関するコンファレンスを世界各地で開催しております。

詳細

アーガスは、世界の主要約30都市にアナリストを配置して資源市場の調査を行っております。

詳細