Japan

In Japan? You can go to Argus Japan

X

無料セミナー Argus Crude Forum

             

資料公開中     

アーガス日本支局では4月17日に「原油市場に潜む不安と要因」と題した無料セミナーを開催いたしました。日常的に国際原油市場を観測しているAlejandro BarbajosaならびにAzlin Ahmadを講師に招き、地政学が原油市場にどのような影響を与えているか、中東、ロシア、北米に関する考察を含めながら解説いたしました。

ご都合がつかずにご参加いただけなかった方のため、当日使用しました資料を無料公開しております。ご興味をいただけます場合は、以下のリンクからダウンロードください。    

資料をダウンロード

 

       

セミナー概要                

   

指標原油価格は昨年夏以降、バレルあたり100~110ドルの水準を維持しています。これだけを見ると、原油市場は安定期に入ったような錯覚を得ますが、価格以外の市場環境は安定的と表現するには程遠い状況にあるのも事実です。米国のシェール革命とそれによる国際原油流通構造の大変革、ウクライナをめぐる東西の緊張、新政権となり不透明さを増したイランの核開発、期待と懸念が依然混在するイラクの原油輸出動向など、国際原油市場は引き続き予断を許さない状況にあります。    

日本においてはLNG輸入コストの増加に対する懸念が高まっております。日本のLNG輸入価格はほぼ全量が原油価格に連動しており、したがって原油価格の動向は石油業界のみならず電力・ガス業界にとっても今後の事業環境を想定する上で重要要因の一つと言えます。アーガス日本支局では原油価格の重要性を再確認する機会としまして、二人の原油担当アナリストを招きまして無料セミナーを開催いたします。日常的に国際原油市場を観測する担当者の視点を介して、以下のテーマを考察いたします。     

  • イラクにおける供給インフラの不足と政情不安の克服状況
  • イラン原油の国際市場への供給再開はいつか
  • パイプライン開通で変化するアラブ首長国の存在
  • 中東の精製能力拡大が及ぼす影響
  • ロシアESPO原油は引き続き中東牽制材料となり得るか
  • 南米からアジアへの新たな供給フロー   

     

|開催日時|

2014年4月17日(木)14:00~16:00 (開場13:45)

|場所|

スタンダード会議室 虎ノ門HILLS店|東京都港区虎ノ門3-6-2 第2秋山ビル 2階 地図

※定員を超過したため、開催場所を変更いたしました。

|定員|

80名

|講師|

Alejandro Barbajosa|VP, crude & LPG, Middle East & Asia-Pacific

Azlin Ahmad|Asia crude editor

※プレゼンテーションは英語です。通訳はありません。

|参加費| 

無料

|お申込み方法| 

終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

     

アーガス・メディア・リミテッド日本支局

03-3561-1806

メールでのお問い合わせ

お名前とご連絡先をご明記ください。匿名でのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。YahooメールやGメールなどのウェブメールからのお問い合わせには対応できかねます。予めご了承ください。

 【担当】久保待香

各種市場に関するコンファレンスを世界各地で開催しております。

詳細

 

価格と需給の分析、ニュースとその解説。市場の今を知り、先を読む。

詳細

世界各地の専門アナリストを活用したコンサルティング・サービスを提供しています。
調査や分析の外部委託をお考えの際は、お気軽にご相談ください。

詳細

アーガスは、世界の主要約30都市にアナリストを配置して資源市場の調査を行っております。

詳細